ヨガの効果

ヨガは本来、自己の内面を見つめていくものです。忙しさの中でもヨガをすると、自分を見つめなおす良い機会が得られます。ちょっとイライラしていている時にヨガをすると、自然とイライラが解消されていた、なんていうのはよくあることです。

サイトトップ > ヨガの基本的な呼吸法

スポンサードリンク

ヨガの効果

ヨガの基本的な呼吸法


ヨガでは呼吸法のことを「プラーナーヤーマ」といいます。「プラーナ」は生命エネルギーを指し、「アーヤーマ」は止めるとか制御するという意味です。プラーナの流れが止まるぐらい呼吸をできるだけ長く伸ばしていくというのが、ヨガの基本的な呼吸法の考え方です。


ヨガの呼吸法では、意識的に呼吸をゆっくりと行うことで、心を静かに持っていくことができます。息を吐き切るという動作は、普段はなかなかしないもの。息をできるだけ深く吸うということも意識しないとやっていないものです。ヨガでは息を完全に吐いて、吸ってを繰り返すことで、肺活量も増し、全身の代謝機能もよくなります。同時に自律神経を安定させ心が落ち着いてきます。


ヨガでは腹式呼吸を行うことが多いです。腹式呼吸は横隔膜を上下させる呼吸法です。単にお腹をふくらませたりへこませたりするものではありません。腹式呼吸は女性にとっては難しいと言われますが、意識的に行っていくことで、できるようになってきます。お腹に手をあてて、ゆっくりと呼吸を長くしていきます。最初はできなくても問題ありません。


ヨガの効果

MENU



スポンサードリンク