ヨガの効果

ヨガは本来、自己の内面を見つめていくものです。忙しさの中でもヨガをすると、自分を見つめなおす良い機会が得られます。ちょっとイライラしていている時にヨガをすると、自然とイライラが解消されていた、なんていうのはよくあることです。

サイトトップ > ヨガと呼吸法

スポンサードリンク

ヨガの効果

ヨガと呼吸法


ヨガと呼吸法は密接な関係があります。ヨガでは息を吐く、吸うという動作を通してヨガのポーズをとっていきます。慣れてくると、息を止めることもできるようになってきます。ヨガをする時は、通常は口で呼吸をするのではなく、鼻孔を通して呼吸法を行います。


ヨガはもともとは、姿勢を安定させ、静かに座り、呼吸を整え瞑想を深めていくことにあります。瞑想とは、本当の自分自身に出会うために自己の内面に集中することです。パワーヨガのようにダイナミックなポーズが加わったのは、後になってからのことです。


ヨガで考えられていることは、心と身体がプラーナというエネルギーでつながっている、すなわち連動しているということ。身体が安定していると、心も安定している状態をキープできるというわけです。ストレスやイライラがたまってくると怒りっぽくなり、カラダも硬くなっています。こういった時に呼吸を意識的にゆっくりとすることで、体もリラックスし、心も静まり、結果的に深い瞑想状態が得られるようになっていくのです。


ヨガでの呼吸では、リズムをある程度とりながら、意識的に息を吸って吐いてを繰り返していきます。最初はなかなか難しいかもしれませんが、呼吸法を続けていくだけで、身体はリラックスし、心もいつのまにか落ち着いている自分に気がつくはずです。


ヨガの効果

MENU



スポンサードリンク